ワラビー通信(Wallaby Communication) 2016 No. 3

2016(H28)年度(前期)
「英米文学概論」受講生の皆さんへ


第2回レポートの連絡等をします。

【第2回レポート】
通常の受講生の場合
・対象作品:W. シェイクスピア、『オセロ』(Othello
・トピック:いかにしてOthelloは嫉妬地獄に落ちていくか。
      オセロが嫉妬地獄に堕ちていく過程を分析しなさい。

・提出物:以下の二つ
  (1)プリントアウトしたレポート(縮小コピー不可
  (2)レポートの電子ファイル
   *電子ファイル名等は前回と同じ
    例:英米文学概論レポート第2回(あなたのUse Name)
・締め切り:少し変則的ですので気をつけて下さい。
  プリントアウト:5/6(金)16:30
  電子ファイル:同日の夜 10:00までにメールで送付

再履修生の場合
・対象作品:W. シェイクスピア、『リア王』(King Lear
・トピック:『リア王』における道化の存在の意味とは何か。
締め切り・提出に関する指示は通常の受講生と同じです。

*作品は翻訳でかまいません(英語で読みたい人はAmazonなどで原書を入手してください)。
*レポートの最後にどの翻訳を使ったかわかるように、「使用テキスト」として自分が用いたテキストの情報を書いておいてください。
 例:
  「使用テキスト」
  (和書の場合) シェイクスピア(小田島雄志訳) 『オセロ』 (白水社、1988)
  (洋書の場合) W. Shakespeare, Othello (Oxford University Press, 2001)

【注意】
(1)
レポートの最後に「面白さのゲージ」(面白さの5段階評価)と「感想」(作品を読んだ全くの感想で結構)をつけておいてください。これらはレポートの評価には含めません。ただし、ない場合は評価が下がります。この注意は今後のレポートでも同じです。
(2)
レポート発表者が全員分準備するハンドアウトは縮小コピーで結構です(なるべく出費を抑えるためです)。しかし、その他の人が提出するレポートの縮小コピーは認めません

【レポート発表について】
Othelloのレポート発表は次回の授業(5/10[火])にしてもらいます。

【次回(5/10・火)の授業】
*第1回レポート返却+コメント(レポート評価の観点)
*『オセロ』レポート発表+ディスカッション
*「文学研究とは何か-研究の方法」:テキスト:Approaches to Literary Study(pp. 1-7)
*未予習者は今後の受講を認めません。

N. Miyachi
===================================================
[PR]
by pc-basic | 2016-04-26 19:02


ワラビー通信(Wallaby ... >>